留学のブログinアメリカちょこっと公開2

スポンサーリンク

留学生活170日目

今日は、今秋から履修を始めたダンスの授業に

初めて参加をしました。

 

なんでダンスの授業を取ろうと思ったのかというと、

勉強系の授業は英語の専門用語がばんばん出てきて

ついていくのが大変ですが、

アクティビティ系の授業なら

とりあえず先生の真似をしていればなんとかなるからです。笑

 

授業は案の定とても楽しかったです。

しかしそれでも、授業の進むスピードが速くて

ついていくのが大変でした。

 

ダンスのジャンルはHipHopです。

生徒数は12人位でしたでしょうか。

クラスをパスするためには、

生徒同士でチームを組んで、

オリジナルの振りを発表するという最終課題があるようです。

 

インストラクターの先生は英語を喋るのがとても速いけど、

自分なりにベストを尽くそうと思います!

 

夏季休暇が終わり、

ELI(イングリッシュランゲージスクール)の新しいセメスターも

今日から始まりました。

 

ELIの先生たちはとても厳しそうだったし、

4人中3人は筆者の見たことのない先生でした。

 

しかし幸運だったのは、

筆者の英語ディベートの授業を担当する先生が

あのみんなから嫌われているタドという先生ではなく、

マークだったということです。

 

アメリカドラマのフルハウスに出てきそうな、

髪型は古臭いけど、顔はすっごくイケメンな先生なのです。

 

マークで本当に安心しました。笑

タドはちょっとしたことですぐ怒るので、

筆者は本当に彼のことが嫌いでした。

 

 

留学生活171日目

 

筆者はとても退屈だと感じています。

ELI(イングリッシュランゲージスクール)が本当に退屈なのです。

 

たくさんの日本人や中東の友人たちは、

ELIを卒業して、大学の正規の学生として

今セメスターから授業をとるようになりました。

 

とても寂しい。

 

この秋セメスターが楽しくなるのかどうか

疑いしか持てません。

 

ELIにいるほとんどの学生は、

筆者と同じ大学から派遣された日本人です。

 

まあ予想はしてましたけどね。

 

クラスの大半が日本人って

詐欺じゃないですか?

せっかくアメリカに来てるのに。

 

他国出身の友達を作ることができるのでしょうか。

 

筆者は勉強を頑張ると心に決めました。

それ以外に選択肢がないからです。

 

ELIのLevel7は難しいとよく耳にします。

時々私も、授業についていけないと感じることがあります。

勉強しすぎて死ぬんじゃないかなあ。

スポンサーリンク

シェアしてハッピー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です