プロポーズにバラを贈る時の本数とは?108本の意味は「結婚してください」

スポンサーリンク

こんにちは。

突然ですが、おめでたいニュースがあります。

 

筆者のルームメイトがプロポーズをされました!

しかも、108本の素敵なバラの花束と共に。

この場を借りておめでとうと伝えたいと思います。

 

なんで108本なの?と思いませんか。

実は、バラには贈る本数に意味があり、108本のバラ=「結婚してください」という意味なのだそうです。

 

こんな素敵な彼氏がいるルームメイトが羨ましい!泣

108本どころか1本もバラを貰えない筆者は一回ベランダから飛び降りとこうかな

 

この記事では、バラの本数と意味を紹介しようと思います。

 

バラの本数と意味

 

1本:「一目ぼれ」

2本:「この世界は二人だけ」

3本:「告白・愛しています」

4本:「死ぬまで愛の気持ちは変わらない」

5本:「あなたに出会えて本当に良かった」

6本:「あなたに夢中」

7本:「ひそかな愛」

11本:「最愛」

12本:「付き合ってください」

15本:「永遠の友情、ごめんなさい」

24本:「いつもあなたを想っています」

99本:「永遠の愛、ずっと好きだった」

100本:「100%の愛」

108本:「結婚してください」

365本:「あなたが毎日恋しい」

999本:「何度生まれ変わってもあなたを愛する」

 

ということは、一目ぼれした時には一輪のバラを渡し、告白したい時には3本か12本のバラを渡したらいいのですね。

 

もしバレンタインデーなんかに告白した後、ホワイトデーに15本のバラをもらったら喜ぶのではなく撃沈しましょう。

 

24本の「いつもあなたを想っています」とか怖くないですか?

1日=24時間から来ているのだと思いますが、24時間四六時中想われているということ?!

 

もしこれを読んでる読者のあなたに仮に復讐したい相手がいるのなら、24本のバラを贈りましょう。

贈られた側は気味悪がること間違いなしです。

 

999本も怖い。死んでも想われ続けるってことでしょうか、、、

 

バラの花の色と意味

 

赤いバラ:「愛情・美・あなたを愛します」

ピンクのバラ:「上品・気品・感謝・温かい心」

オレンジのバラ:「無邪気・健やか・絆」

黄色のバラ:「友情・嫉妬・愛の薄らぎ・恋に飽きた」

白いバラ:「純潔・清純」

青いバラ:「夢かなう・奇跡・不可能」

 

黄色のバラは要注意ですね。

恋に飽きた、とか笑えます。

 

オレンジのバラは「健やか」の花言葉から

入院見舞いなどにも向いていると言われます。

 

青いバラは、今まで作ることが「不可能」とされていたのが

サントリーが世界で初めて

青いバラの開発に成功しました。

そこで「夢かなう」という花言葉が付けられたそうです。

夢をかなえた誰かに「おめでとう」の意味を込めて贈ってみては。

 

プロポーズには100本または108本のバラが最適

 

いかがでしたでしょうか。

筆者はホテルで働いていますが、バラの花束を贈ってプロポーズをする男性を何人も拝見しました。

下の記事では、ホテルでサプライズをする時の具体的な方法を書いていますので参考にしてください。

【関連記事】ホテルでのサプライズ演出!誕生日や記念日を祝う方法をホテルスタッフが解説

 

「108本だと中途半端だから」という理由で100本にする人もいました。

バラ100本は結構重たいので、購入してホテルに郵送しておくことをおすすめします。

 

スポンサーリンク

シェアしてハッピー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です