翌年の税金は4~6月の給料で決まる?社会人3年目の筆者の納税額を公開

スポンサーリンク

こんにちは、先日こんなツイートをしてしまいました。


これガチなんですよ。

4月に年次昇給もあったはずなのに、なんで?

と思い給与明細をよく見てみると

 

厚生年金 16,937円→20,000円 3000円アップ

健康保険 8,360円→9,680円 1,320円アップ

住民税 7,500円→11,700円 3,700円アップ

 

合計で8,300円も前年度より税金がアップしているのです。

これ年次昇給の額上回ってるんですけど・・・

 

4・5・6月の給料で翌年の税金が決まる

 

4・5・6月の給料で翌年の税金が決まるって、知ってました?

筆者は友人が教えてくれるまで知りませんでした。

恥ずかしい。

 

厚生年金と健康保険の項目は、

4・5・6月の給料の平均により翌年の負担額が決まるのです。

 

なので、4・5・6月の給料が反映される、3・4・5月は無意味な残業をするのはやめましょう。

 

そういえば筆者、昨年のこの時期夜勤で結構稼いでたんだったw

 

ちなみに、住民税は1年間の所得により決まりますのでご安心ください。

 

貧困化の進む国日本

 

日本の家計に異変が起こっている。手取り額は過去20年間で月7万円近く減少し、エンゲル係数も29年ぶりの高水準となっている。日本の貧困化はどこまで進んでいるのか?

(中略)

いまや3軒に1軒の世帯で貯蓄のない「貧困化」が進んでいるのが実態なのです。問題は、それに歯止めがかかるかどうかですが、残念ながら、税金や社会保険料が今後も増大するのは人口動態からも明らかといえます。

 

今の若者(自分も含め)、本当にお金ないです。

この記事によると、お小遣いを減らす、衣服を買い控えるなど

生活レベルを下げて我慢を強いられている家庭がほとんどなのが現状だそうです。

 

先日こんなツイートもしてしまいました。

 

現役世代にもたくさん負担しているのに、

受け取る側になっても支払った分が戻ってこないという・・・

なんという不公平な社会なんでしょうか?

 

この間、3年ぶり位に祖母に家に行ったら

「○○ちゃん(筆者)は高給取りやからね~」

と言われました。

 

高齢者世代は(大企業でも薄給という)今の若者の実態をわかっていないのかもしれません。

 

まとめ

 

皆さんも、自分の税金がどれだけ上がったのか計算してみてください。

そして、貧困を脱出する方法があれば教えてください。

 

<この記事もオススメ>

日系企業と外資系企業の違い 働き方や特徴についてまとめてみた
年収1000万の職業、MDRTとは?資格も学歴も持たずに到達した20代の友達にインタビュー
ブログで収入を得るための始め方から流れについて

スポンサーリンク

シェアしてハッピー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です