倒産する会社に見られる30の前兆【社長編・社員編・社内編】

スポンサーリンク

2017年3月21日発売の週刊SPA!に「倒産する会社の特徴」という記事が載っていました。

あなたの会社の経営は大丈夫でしょうか?以下の30の項目をチェックしてみて、ヤバそうだと思ったら早めに手を打ってください。

 

目次

倒産する会社の前兆【社長編】

1.銀行関係者との打ち合わせが増えた

中小企業の場合、社長が財務・経理業務も行っていることが多くあります。

銀行関係者との打ち合わせが増えた場合は、資金繰りに困っている可能性も。

2.社員を怒鳴り散らかしている姿をよく見た

経営が傾いて機嫌が悪いのです。

3.終日外出する日が増えた

4.会社内で見かける頻度が極端に減った

会社にいるのが決まづいためです。

5.根性論・精神論を言い出した

精神論でどうにかなるとでも思っているのでしょうか。

6.社長(経営陣)の飲食する店が安くなった

経費を切り詰め始めています。

7.社長宛てに聞きなれない会社からの電話が増えた

資金調達のために、色んな会社へ足を運んでいるのかもしれません。

8.社員の営業会議に参加するようになった

なんとか営業成績を伸ばせないかと躍起になっています。

9.「イノベーション」などカタカナを使いだした

今更感があります。

10.高そうな絵や車を買っていた

 

倒産する会社の前兆【社員編】

11.優秀な人が次々に辞めていった

辞めた人の数ではなく、「誰が辞めたか」は非常に重要です。

社長が無能な場合、戦略にたけた優秀な人材が辞めていきます。

12.会社内で不平不満や悪口が横行した

13.上司が常にイライラしていた

部下に公表できないネガティブな情報を持っている可能性があります。

14.「経費を削ります」など後ろ向きな議題の会議ばかり

15.社員同士の懇親会などがなくなった

今更懇親を深めても意味がないということなのでしょうか。

16.ムダな会議が多くなった

なんとかして経営を立て直そうとする姿勢が伺えます。

17.長年勤めていた経理担当者が会社を辞めた

特に倒産=資金繰りの悪化なため、経理がバタバタしだしたら危険信号なのだとか。

経理の課長クラスが逃げ出したら、倒産直前だと言えます。

18.「売り上げろ」が合言葉になった

19.上司の残業が明らかに増えた

上からの圧がやばいんです。

20.企業コンサルタントを雇いだした

 

倒産する会社の前兆【社内編】

21.給料が遅れた、もしくは出なくなった

社員への給料が出ないとなると、いよいよ会社の余命は数か月だといったところみたいです。

社員に給料は普通に支払われていたのに、突然倒産が発表されるケースもありますが。

22.希望退職者を募る

希望退職者を募っているのにも関わらず、パートで人員を募集しているなどの矛盾があれば、倒産までのその場しのぎなだけなので要注意です。

23.外注先への支払いが遅れる

外注先への支払いが遅れるならまだましなほうです。

24.出張費が減額された

25.ボールペンなどの備品の新規購入・管理がうるさくなった

新規購入しても使いきれない可能性が高いですからね。

26.何をやっているかわからない名ばかり部署が増えた

27.人事評価のシステムが変更になった

28.経費を「認めない」を突き返された

29.商売繁盛のお札を貼るようになった

30.社内恋愛&不倫が横行した

 

倒産を経験した社長の声

 

保険代理店の元社長のTさんは、

健康食品、宅配弁当の販売など5つの事業を手掛ける実業家でした。

 

しかし、部下が顧客を奪って独立。

ピーク時には2000万円の年収があったにも関わらず、倒産に追い込まれてしまったそうです。

 

毎年行っていた忘年会も、倒産の前年は規模を縮小して事務所でやることに。

案の定お通夜みたいになり全く盛り上がらなかったのだとか。

 

倒産を経験した社員の声

 

地元のA銀行に住宅ローンを申し込んだ社員たちが、立て続けに審査に落とされてしまいました。

 

A銀行は会社のメインバンクでもあり、先輩たちもみんなそこので住宅ローンを組んでいたのにも関わらず、です。

 

うちの会社やばいのでは?!と社内に衝撃が走りました。

 

実際にその頃から急激に仕事が忙しくなり、月に2、3日しか休めなくなったのだとか。

倒産の前年には、社長宛に山のように届いていた年賀状が半分以下になり、キャバクラをおねだりしていた市議会議員も寄り付かなくなりました。

 

今の会社が倒産間近なら、早めに手を打て

 

社長が売上が落ちて社員に怒鳴り散らしていたり、あるいは会社に顔を出さなくなったり。

会社の優秀な人が辞めていくのは、会社が倒産する前兆だということが分かりました。

ボーナスだけならまだしも、給料カットだなんて言われたら、身も心も持たないですよね。

会社が倒産しそうだというのは、立派な転職理由になります。私がおすすめする転職エージェントは以下の3つ。

 

①リクナビNEXT

業界最大手で掲載求人も多く、どんな求人があるかとりあえず見てみたいという人におすすめ。

ここにしかない求人が非常に多いので、他の転職エージェントと併用するのもグッドです。

 

②DODA

実際にエージェント担当さんに相談に行くならここ。

リクナビよりも面談のフォローが手厚いといった口コミもあります。

業界の動向や会社の社風、先輩の情報など幅広くサポートしてくれます。

 

③JACリクルートメント

「英語に自信がありますよ!てか強みそれしかない」という人へ。

JACリクルートメントは、英語を活かす仕事や外資系転職に強いのがポイント。

英文レジュメの添削や、英語面談の練習もしてくれます。採用担当者もスキルの高い人が多いです。

 

<この記事もオススメ>

ホテルマンは結婚できないし出会いもない?⇒そんなことないので解説します
ホテルからの転職でおすすめのエージェントはどこ?パソナキャリア体験レビュー
ホテル業界からの海外転職。タイにある日系企業に転職した先輩にインタビュー

スポンサーリンク

シェアしてハッピー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です