バレンタインエピソードまとめ:ワースト3とベスト3を発表します

スポンサーリンク

男子が1年で1番そわそわする日っていつでしょう?

・・・・そう、バレンタインデー。

今年もそれが2日後に差し迫っています。

 

本日は、25年間生きてきた中での

・ある意味忘れられない!バレンタインエピソードワースト3
心に残る!バレンタインエピソードベスト3

を紹介したいと思います。

 

ある意味忘れられない!バレンタインエピソードワースト3

ワースト1位:他の女の子へのお返し相談をされる

個人事業主のT君は、数か月前から筆者が好意を寄せている男性でした。

付き合ってはいなかったけど、よくご飯に行ったり趣味であるブログの情報交換をしていました。

 

どうしてもバレンタインを渡したかったので、「渡したいものがあるから会えない?」とアポイントをとったのです。

宇宙をつかさどったチョコレート。

見た目も華やかだし、彼にもウケそうだなと思って購入していました。

「わーありがとう!明日の移動中に食べるね!」と言って彼は喜んでいました。

 

そして1か月後。

 

一緒に梅田を歩いていたのですが、突如「女の子にプレゼント買いたいんだけど何が良いと思う?」という話をされます。

 

「う~ん、ハンカチとか化粧品でいいんじゃない?誕生日とか?」

「いや、バレンタインのお返し」

 

( ^ω^)???

 

「私もあなたにバレンタインあげたんだけど覚えてる?」

「・・・あっそうだっけ」

 

ぶん殴ろうかと思いました。

 

ワースト2位:「いらない」と言ってチョコレートを突き返される

 

公務員のK君とは、短い期間ではありましたが、お付き合いをしていました。

別れた後も交友関係が続いていたので、「一応バレンタインも近いし・・・」ということでチョコレートを用意しました。

SNSをよく使う彼だったので、普通のチョコレートじゃ面白くないかなあと思い、ワインの入ったボンボンチョコレートを選びました。

 

そして、「はい!あげる!」と言って渡すと

「え!ボンボンチョコレートやん!俺これ嫌い」

と言われたのです。

 

・・・せっかく買ったんですけど。

「試しに一粒だけ食べてみる」と言って食べた彼でしたが、

「うん、やっぱり苦手だ」

と言って突き返されました。

みなさん、チョコレートをあげる時は相手の好みのリサーチをしておきましょう。

 

 

ワースト3位:勇気を出して告白したけど、振られる

 

これは高校生の時。

サッカー部のM君に好意を寄せていた筆者。

バレンタイン当日、放課後にサッカー部の練習が終わるのを、友達と一緒に待っていました。

勇気を出して手作りのガトーショコラを渡し、後日告白をしました。

 

数週間後返ってきた返事は、「本当に好きになった人と付き合いたいから付き合えない」

苦い思い出です。

 

心に残る!バレンタインエピソードベスト3

ベスト1位:お返しに花束と夜景デート

 

医学部生のA君とは、「医学部パーティ」という名のイベントで知り合いました。

複数でご飯にいったりはしていたけれど、2人で遊んだことはありませんでした。

むしろ、その友達のY君とは2人で遊びに行ったことがあったのですが。

 

バレンタインデーの日。

「今どこにいるん~?」と聞くと「近所のスタバでY君と勉強しているよ」との回答が。

2人でいるなら・・・と2人分のチョコレートを購入し、スタバまで届けに行ったのでした。

「勉強頑張ってね!」と言ってその日はすぐにバイバイしました。

その後、「ありがとう!!」と2人の写メが送られてきてほっこり。

 

ホワイトデーの日、Y君から「バレンタインデーのお返ししたいんだけどいついける?」とのLINEが。

「仕事終わるの23時やねん」というと、「迎えに行くよ」とのこと。

 

なんと彼は真っ赤なポルシェで筆者の会社まで迎えに来てくれたのでした。

そしてそのまま夜景を見にドライブ。

帰り際に

「こんなの渡したらキザと思われるかもしれないんだけど・・・」

と言って花束を渡してくれたのです。

粋なサプライズに感動しました。

 

ベスト2位:バイト先の店長からお返しにハンカチ

 

飲食店でバイトをしていた時。

まさかの2月14日にシフトが入っていて「うわ~なんか用意せなあかんやん」という使命感に襲われていました。

制作費1,000円くらいの、本当に簡単なクッキーをバラまき用に作って持っていったのです。

みんなすごく喜んでくれました。

 

そしてホワイトデーの時、バイト先の社員さん全員が律儀にお返しをしてくれたのです。

店長からは、ハンカチを貰いました。

全く見返りを求めていなかったので、ビックリしたのを覚えています。

 

ベスト3位:お返しに手作りクッキーと手紙

 

当時付き合っていた同じ大学のY君には、バレンタインに手作りのチョコレートタルトを渡しました。

めっちゃ美味しい!と言って食べてくれたのを覚えています。

 

そしてホワイトデーの日。

なばなの里にイルミネーションを見に行っていたのですが、なんと忘れた頃に

「これ美味しいかわからへんけど」

と言って手作りのクッキーをくれたのです。

 

最近の男性はお菓子も手作りできちゃうんですね・・・!

 

ラッピングが適当なところがやっぱ男だなとは思いましたが。

手紙も入っていて、読んで感極まって泣いてしまいました。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

こうして思い出してみると、

あげた時の思い出よりお返しを貰った時の思い出の方が強い

なあと思いました。

ホワイトデーのお返しって結構忘れられがちなんでね・・・ちゃんとお返しを貰った時はインパクトが強いのです。筆者だけでしょうか。

 

女の子は結構考えて用意しているので、ちゃんとお返しをして他の男子と差別化をはかりましょう!

 

<この記事もオススメ>
プロポーズにバラを贈る時の本数とは?108本の意味は「結婚してください」
→ホワイトデーは1年で1番プロポーズをするのが多い日らしいです
検索 サプライズ ホテルでのサプライズ演出!誕生日や記念日を祝う方法をホテルスタッフが解説
→ホテルでサプライズをしたい方はどうぞ

 

スポンサーリンク

シェアしてハッピー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です