ストロベリービュッフェ、大阪で人気はどこ?! 品数・コスパ・予約のしやすさで比較

スポンサーリンク

若い女性に大人気のストロベリービュッフェ。

数ヶ月先まで予約が埋まっているホテルも

少なくありません。

ところで、大阪で一番人気はどこなんでしょうか?!

この記事では

品数・コスパ・予約のとりやすさについて、

ランキング形式で紹介したいと思います。

品数ランキング

1位 ザ・リッツカールトン大阪

58種

2位 帝国ホテル大阪

およそ50種

3位 セントレジスホテル大阪

36種(前菜+20種類)

4位 ホテルニューオータニ大阪

34種

5位 インターコンチネンタルホテル大阪

・リーガロイヤルホテル大阪

30種

6位 ヒルトン大阪

20種以上

7位 ハイアットリージェンシ―大阪

不明

1位はリッツ・カールトン大阪でした。
58種類もあるのは魅力的ですね。

なんと、苺寿司や
ストロベリーとフォアグラのタルトなんかも
置いてあるようです。

2位は帝国ホテル大阪です。

パンケーキに関しては、
お客様の目の前で1つ1つ焼き上げてくださいます。

コスパランキング

1位ヒルトン大阪

平日4235円/土日祝4477円
2位ホテルニューオータニ大阪・帝国ホテル大阪
平日5000円/土日祝5500円
3位インターコンチネンタルホテル大阪
5040円
4位ハイアットリージェンシ―大阪
5310円
5位リーガロイヤルホテル大阪
5500円
6位ザ・リッツカールトン大阪
5537円
7位セントレジスホテル大阪
5800円

1位はヒルトン大阪でした。
他のホテルが5000円台なのに対し、
唯一の4000円台です。

セントレジスホテル大阪が
少しお高いイメージでしょうか。

予約のしやすさランキング

1位 ヒルトン大阪
(166席x約135日)
2位 ホテルニューオータニ大阪
(88席x2部制x約112日)
3位 ザ・リッツカールトン大阪
(130席x約150日)
4位 セントレジスホテル大阪
(113席x約150日)
5位 リーガロイヤルホテル大阪
(315席x2部制x約24日)
6位 帝国ホテル大阪
(119席x約97日)
7位 インターコンチネンタルホテル大阪
(132席x約73日)
8位 ハイアットリージェンシ―大阪
(80席x約25日)

こちらは、単純にレストランの席数×開催日数により
予約の取りやすさを概算しています。

ヒルトン大阪は席数が多いので
予約がとりやすいと言えます。

とりやすいと言っても
かなり予約が埋まってきているようですが・・・。

席数で言えば、リーガロイヤルホテルが
315席とかなり広いです。

しかし平日は開催しておりません。

とにかく予約はお早めに。

インスタ映えランキング

1位 ヒルトン大阪
2位 リッツカールトン大阪
3位 インターコンチネンタルホテル大阪
4位 セントレジスホテル大阪
5位 ホテルニューオータニ大阪
6位 リーガロイヤルホテル大阪
7位 帝国ホテル大阪
・ハイアットリージェンシ―大阪

このランキングは、筆者がインスタグラムを見比べて
「レストランの内装が凝っている」
「可愛い写真が多い」
と思った超主観的なランキングです。

ヒルトン大阪・リッツカールトン大阪は
「プリンセス」風の装飾がしてあり、
女性心をくすぐられます。

いかがでしたでしょうか。

この記事が読者様の
ストロベリービュッフェ選びの
参考になりましたら幸いです。

【関連記事】ホテルニューオータニ大阪のいちごビュッフェ、2017年の特徴を紹介

スポンサーリンク

シェアしてハッピー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です