ホテルニューオータニ大阪のいちごビュッフェ、2017年の特徴を紹介

スポンサーリンク


なんと、世界でもっともいちごを消費しているのは

我が国日本だそうです。

 

近年、そのいちごを使った「いちごビュッフェ」が

多くのホテルで開催されており、話題を呼んでいます。

 

昨年23,000人もの人が訪れたという

ホテルニューオータニ大阪では、

今年も115日の“いちごの日”に

いちごビュッフェがスタートしました。

 

数々のメディアでも取り上げられ、

数か月先まで予約が埋まっているのだとか。

 

この記事では、

ホテルニューオータニのいちごビュッフェの

人気の秘密に迫っていきたいと思います。

 

 

ホテルニューオータニ大阪「ホテルでいちご狩り」概要

 

スイーツ&サンドイッチビュッフェ~ホテルでいちご狩り~

 

期間:115日(日)~57日(日)

時間:(1部)11:30~ (2部)13:30~ (3部)15:30~ 

 

3部は224日~26日、3月の土日祝、324日と31日のみ開催

 

料金:平日5000円、土日祝:5500

 

 

223日現在、2月と3月の予約はすべて埋まっているようです。

もしかしたら直前キャンセルが出ているかもしれないので、

電話で確認してみるといいかもしれませんね。

 

ところで、スイーツ系ビュッフェって案外値が張ります。

余談ですが、大阪だと5000円台が普通ですが、

東京だと4000円台が普通みたいです。

 

新しい楽しみ方、ブランドいちご食べ比べ

 

ホテルニューオータニ大阪では、いちごを使ったスイーツだけでなく、

ブランドいちごの食べ比べをすることができます。

 

いちごの品種は日によって変わるのですが、

あまおう、さがほのか、ひのしずくなどの

普段食べないような高級ブランドのいちごも置いてあるようです。

 

全国各地からその日の鮮度の良いものを仕入れており、

練乳やホイップクリーム、アイスクリームなどを

お好みのトッピングをのせて食べることもできます。

 

絶対食べるべき厳選いちごスイーツ

 

見た目も可愛いいちごサンド

→いちごを練りこんだピンクの色のパンを使ったサンドウィッチ。

ピスタチオクリームが良いアクセントに。

 

毎年人気のナポレオンパイ

24層のパイ生地にいちご2つ分のジューシーな果肉入り。

旬のいちご使った濃厚な味わい

 

ソフトクリーム セレスト

→ホテルニューオータニ大阪開業30周年を記念して

フランスの有名なシェフピエール・エルメさんが開発。

いちごのパフェ。

 

惣菜系メニュー

→カツサンドやチキンサンド、

いちごのトッピングの乗ったグリーンカレーなど。

 

  

その他大阪のホテルのいちごビュッフェ

 

ホテルニューオータニ大阪の予約が埋まってしまっていたら!

他のホテルにもトライしてみましょう。

 

帝国ホテル大阪

「苺スイーツブフェ」

期間:123日~430

料金:平日5000円、土日祝5500

 

ザ・リッツカールトン大阪

「ストロベリー・コレクション」

期間:15日~531

料金:4900

 

インターコンチネンタルホテル大阪

「ベリー!ストロベリー2017

期間:123日~19日の土日祝、113日~528日の金土日祝

料金:4500

 

ヒルトン大阪

「ストロベリーデザートブッフェ」

期間:113日~528

料金:平日3500円、土日祝:3700

 

セントレジスホテル大阪

「ラブ・ストロベリー」

期間:15日~531

料金:5800

 

ハイアットリージェンシ―大阪

「ストロベリーマニア~苺に恋する午後~」

期間:127日~326日(土日祝限定)

料金:4500

 

 

上記値段はサービス料が込みのものと

そうでないものがあるので、

詳しくは各ホテルのHPにて確認をしてください。

 

ここだけの話ですが、

セントレジスホテル大阪は

いちごビュッフェの開始が2017年からなので、

まだ知らない人も多く、予約がとりやすいと思います。

 

 

 

ぜひ、この期間を逃さず

話題のストロベリーを堪能してくださいね。

【関連記事】ストロベリービュッフェ、大阪で人気はどこ?! 品数・コスパ・予約のしやすさで比較

スポンサーリンク

シェアしてハッピー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です