ホテリエの筆者が絶賛、民泊で受けたおもてなし体験記

スポンサーリンク

先日、日本経済新聞にて

「民泊の影響で東京・大阪のホテルの宿泊料金が1~3割低下している」

という事実が報じられました。

(民泊とは:Airbnb社が運営する、空いている家や部屋を宿泊施設として貸し出すサービス。Airbnbはエアーベッドアンドブレックファーストの略)

 

ホテルで働いている筆者にとっては耳の痛い話です。

どおりで・・・2015年度のボーナスより

2016年度のボーナスの方が下がってたわけですよ。(泣)

 

しかし、筆者は民泊大好きです。

副業で民泊やろうかなと本気で考えてるくらいです。(笑)

 

本日は、昨年長野県白馬村で泊まった民泊が

すご~く良かったという話を書きたいと思います。

 

コスパ最高、8000円で別荘に匹敵する広さの物件

 

筆者が泊まったのは、

Beaver Lodge白馬(ビーバーロッジはくば)というところです。

民泊(Airbnb)には個室貸しのところと一軒まるまる貸し出しのところがありますが、

こちらは一軒まるまる貸し出しのおうちでした。

料金は1泊48,000円。去年確かディスカウントされてたかも

6人で泊まったので1人当たり1泊8,000円です。

 

普通に1泊8000円でホテルに泊まったら、

アパホテルくらいの広さの部屋ですよね?

しかしさすがAirbnb。

広々としたリビングに、ダイニング、キッチン、バスルーム2つ、ベットルーム2室。

まるで別荘にいるかのような気分を味わえました。

 

キッチンには鍋や食器も完備されていたので

夜ごはんはみんなで鍋をつくりました。

どこに行くにも無料送迎?!おもてなし精神が半端ないホスト

 

このBeaver lodge白馬を運営しているホストの方が

私たちゲストにとても親切にしてくれたのです。

 

筆者は夜行バスで近くのバス停に到着したのですが、

早朝6時にも関わらず、

電話一本でホストが車で迎えに来てくれたのです。

 

そして・・・そのままスーパーアーリーチェックイン。

これホテルだったら2泊分の宿泊料とってますよ。ええ、はい。

 

Beaver lodge白馬は確か3棟分運営されていたのですが、

隣の2棟は外国のお客様のようでした。

 

ホストはご年配なのに英語が達者でいらっしゃって、

外国人のゲストにスキーのレンタルショップまで付き添い

店員との間にたって通訳をされていました。

 

ところで、白馬って

ゲレンデがいっぱいあってどこに行ったらいいのかよくわからないんですよ。

それも、ホストが全部解説してくれました。

 

夜ごはんは鍋を食べましたと前述しましたが、

その時のスーパーの買い出しも、ホストが送迎をしてくれました。

どこに行くにも送迎をしてくれるのです。

日本人でうちに泊まったのは君たちが初めてだよ、と言って

孫みたいに扱ってくれました。

 

筆者はこれこそ日本のおもてなし精神ではないかと思いました。

サービスとおもてなしの違いとは何だろう、と

昔さんざん考えましたが

サービスはお金をもらって対価としてと提供するもの

おもてなしは見返りを求めない、自然としてあげたいと思うからするもの

だという結論にたどり着きました。

 

久しぶりに家に遊びに来る孫のために

手料理をいっぱい作って待ってるおばあちゃん

とかそれに当たります。

 

話は戻りますが、

ホストにスーパーで買ったチョコレートを

バレンタインを兼ねてお礼にあげたら、

「こんなの貰うの何年ぶりだろうか」と言って喜んでくれました。

 

1泊分の値段で36時間も滞在させてもらった・・・

 

次の日チェックアウトをした後、

筆者は夜行バスに乗るまでたっぷりと時間がありました。

(ちなみに2日目も次の予約がないからと言ってスーパーレイトチェックアウトを受け付けてくれました。もはや3泊分の料金支払うレベルです。)

なので、ホストと一緒に夜ご飯を食べに行きました。

 

夜ご飯を食べながら

若い時の仕事の話だとか

民泊の掃除は誰がしているのだとか

いろんな話をしてくれました。

 

田舎にいったら民泊を勧めるべき理由

 

初めての民泊は、筆者にとってすごく良き思い出となりました。

ただ単に部屋を貸すだけじゃない、

ホストとゲストの間の繋がりのようなものが生まれました。

 

ホテルに勤める筆者が言うのもおかしいですが、

ぜひ、田舎に行ったら民泊を体験してほしいと思います。

大阪や東京などの都心の民泊だと、

セルフチェックイン・チェックアウトで鍵をポストに投函したらおしまいなところが多い。

ビジネスで民泊をやってるなと感じます。

 

まあそれはそれでいいんですけどね。

 

 

いかがでしたでしょうか。

白馬に行った時は、Beaver lodgeにぜひ泊まってください。

 

ホストのおじいちゃん元気かな。

スポンサーリンク

シェアしてハッピー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です