【英語学習】30分の海外ドラマを2回以上見る勉強法を提唱する

スポンサーリンク

筆者はアメリカに1年間の留学に行っていたのですが、

最初の半年間は、ネイティブの英語が全然聞き取れず、苦労をしました。

 

そんな筆者が、家でコソコソしていた勉強法が

30分の海外ドラマを2回見るというものです。

 

「とりあえず30分だけ見よう」と思えばハードルもさがるし、

1日のコマ切れ時間を上手く活用することができます。

 

海外ドラマDVD学習法のやり方

 

・1回目→英語音声×英語字幕で見る

・2回目→英語音声×字幕なしで見る

 

まずはじめに英語音声×英語字幕で見ます。ドラマの内容を覚えるのです。

そして2回目は英語音声×字幕なしで見ます。1回目に見た内容を覚えているので、字幕なしでも内容が理解できます。

 

わからないところは一時停止して確認します。

全部ちゃんと理解しようとすると、一時停止のオンパレードになりますが(笑)

 

TOEICが500点程度ある人なら上記の方法で大丈夫だと思います。

しかしそれでも難しい場合は、英語音声×英語字幕の前に日本語音声×日本語字幕を取り入れるのもありでしょう。

 

ドラマを見ている途中で「おっ!このフレーズ日常で使いたい!」と思うものが出てきます。

そうしたら、以下のようにメモをして残しておいてください。

インプットしたものはすぐにアウトプットすることで記憶の定着率が上がります。

 

オススメ海外ドラマ

 

筆者が見ていたのは「フレンズ」というアメリカの大ヒットホームドラマ。

プリズンブレイク(見たことありませんが)なんかの脱走を企てる高度な単語が飛び交う会話でなく、

日常で使うであろう会話が学べるのでオススメです。

 

次のオススメがこちら。ホラーハウスではありません、フラーハウスです。

フルハウスの30年後を描いたホームコメディ。

 

ビジネス英語を学びたい人はこちら。舞台はNYの法律事務所です。

職場での会話や仕事格言など、使えるビジネスフレーズが満載です。

 

注意:Amazon prime会員になると、このSUITSが年会費3900円で見放題。

ですが、英語字幕が選択できないようです。

英語字幕切り替えに対応している動画配信サービスは、現在Netflixのみ。

 

海外ドラマDVD学習法のメリット

 

①生きた英語が身につく

日常会話を通して、間の取り方や相槌など、明日から使える英語を学べます。

 

②耳が慣れてくる

最初は耳が痛くても、だんだん慣れてきます。「あ、今のフレーズ聞き取れた!」となると、それが自信に。

 

③字幕で会話を確認できる。

目と耳を使って英語を覚えることができます。

 

④他国の文化が学べる

オススメはアメリカのドラマです。理由はイギリス英語は聞き取るのが難しいから。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

筆者はこの学習法を、フレンズのワンシーズン見終わるまで続けました。

このおかげもあってか、映画を字幕なしで見れるようになりたい!という目標を達成することができました。

ぜひ試してみてください。

 

※この記事は日経ウーマンオンライン2017年7月号を参考にして執筆しております。

 

スポンサーリンク

シェアしてハッピー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です