ビジネス英語の勉強法にオンライン英会話をお勧めする理由

スポンサーリンク

突然ですが、TOEIC700点オーバーの人って、

半年以上の海外滞在経験がある人が多いと思うんですよね。

(滞在経験がないのに700点以上ある人相当スゴイ)

 

そういう人達に陥りがちなワナなのですが、

「自分は英語ができる」と思い込んでしまい、

イザという時に英語が全然出てこないんです。

 

特に海外滞在から帰国して時間が経ってる場合は要注意。

喋っていないと英語ってすぐに忘れてしまいます、、、

 

筆者がそうでした。

当時TOEIC800点前半で英語ができると思い込んでいたため、

 

いざ英語を使う部署に配属になった時に困りました。

 

部署に配属された初日のことは忘れもしません。

 

先ほどまで部署の説明をしてくれていた上司が、

「ちょっとゴメンね」と電話にでたかと思えば

 

電話越しに外国人上司との流暢な会話を繰り広げたのです。

 

目の前の筆者あぜん。

ヤバいところにきてしまったと思いました(笑)

 

その夜から、藁にもすがる思いで

DMMオンライン英会話に登録(笑)

 

しかしこの選択が良かった。

 

理由その1 アウトプットの習慣ができる

 

毎日喋ることって重要だと思います。

オススメは、通勤の帰りに授業を予約して、

帰宅してすぐに受講すること。

 

家に帰って後でやろうと思っていても、

人間怠けてしまうものですから。

 

DMM英会話は、

ビジネス英語だけでも教材が8つあります。

例えば、以下の内容が勉強できます。

 

Self-Introduction

Apologizing

Business Call

Meeting

 

練習した英語が、

そのまま次の日の仕事に使えたりします。

というか、意識的に使うようにする。

インプットしたすぐそばからアウトプットしましょう。

 

理由その2 間違った英語を指摘してくれる

 

普通に仕事で英語を喋っていても、

目の前の外国人はあなたの英語文法や発音を指摘してくれません。

「ああ、間違ってるな」

そう思って流すだけです。

 

間違ってても通じれば別に問題ないのですが、

通じなかった場合って

結構恥ずかしいですよね。

 

筆者はBuffet(ビュッフェ)の発音を間違って覚えていて、

DMMの講師に指摘されるまで気づきませんでした。

 

理由その3 実はみんな使っている

 

筆者がオンライン英会話を始めたことを、

某大手メーカー海外営業部、ヨーロッパエリア担当の友人に話すと

 

「あ、やってるんだ。僕も使ってるよー」

と言われました。

 

デキる人はコソ勉をしているんだと学びました。

 

会社が受講料金を負担してくれるところも

あるみたいなので、

一度確認してみるといいかもしれません。

 

まとめ

 

DMM英会話ですが、

月額料金を払う前に、2回の無料体験ができます。

 

無料体験と言っても内容は普通の授業と一緒なので、

例えば「急に英語を喋らなければならない予定ができた」時。

試しに練習がてら登録してみるとか

そういう使い方もありだと思います。

 

<こちらの記事もおすすめ>

TOEIC700点の難易度はどれくらい?筆者が500点から700点まであげた方法
ブログで収入を得るための始め方から流れについて
【梅田で焼肉】美味しい&コスパ最強のお店5選+番外編

スポンサーリンク

シェアしてハッピー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です